齋藤 潤一 ウェブサイト

齋藤潤一(さいとうじゅんいち)

齋藤潤一

Vision

持続可能で
ウェルビーイングな社会の実現

Mission

地方から、世界の社会的課題を解決する。

プロフィール

1979年大阪府生まれ奈良県育ち。米国シリコンバレーのITベンチャー企業でサービス・製品開発の責任者として従事。

帰国後、2011年の東日本大震災を機に「ビジネスで社会的課題を解決する」を使命に活動を開始。テレビ東京「ガイアの夜明け」出演。全国で10箇所以上で地方創生プロジェクトに携わる

2017年4月新富町役場が設立した地域商社「こゆ財団」の代表理事に就任。1粒1000円ライチのブランド開発やふるさと納税で寄付金を累計70億円集める。2018年12月に総理大臣官邸にて国の地方創生の優良事例に選定される。

2019年10月に農業課題を解決するために収穫ロボットを開発するAGRIST株式会社創業。代表取締役社長就任。ベンチャーキャピタル、地域金融機関などから資金調達。2020年にはIVSなど国内外10以上のアワードを受賞。

2021年、総務大臣賞受賞、Forbes Asia 100選定などその活動はCNNで世界に紹介される

役職

AGRIST株式会社 代表取締役
一般財団法人こゆ地域づくり推進機構代表理事
慶應義塾大学大学院(SDM) 非常勤理事

その他の活動

SBI大学院大学MBA経営学修士(専門:起業家精神)
米国スタンフォード大学Innovation Master Series 修了

CTI ジャパン コーチングトレーニング応用コース 修了
NPO法人ISL 次世代リーダー育成ISLアソシエイトプログラム 修了
森ビルアカデミーヒルズ主催日本元気塾「藤巻塾プログラム」卒塾
松下政経塾主催 地域経営・リーダーシップ研修プログラム 修了
尾崎行雄記念財団主催 咢堂塾21 修了
地域活性化センター地域再生実践塾「ツーリズムによるまちづくり」「まちづくりにおける協働の役割」「文化・芸術によるまちづくり」など12課程を履修・修了 
経済産業省 グローバル起業家等育成事業米国派遣プログラム

 

プレゼンテーション動画

 

Forbes オフィシャルコラムニスト

米国シリコンバレーのIT企業でブランディングマネージャーを務めた後、帰国。東日本大震災を機に「ビジネスで地域課題を解決する」を使命に地方の起業家育成を開始。2017年より宮崎県新富町役場が観光協会を解散して設立した一般社団法人こゆ地域づくり推進機構(以下こゆ財団)の代表理事に就任。こゆ財団は、1粒1000円のライチを開発し、起業家育成に投資、その結果、移住者が増加している。これらの活動が評価され2018年12月国の地方創生優良事例に選定された。MBA(経営学修士)/慶應大学非常勤講師

note.comで事例やノウハウを公開


voicy

メディア掲載

一部を掲載。テレビ東京「ガイアの夜明け」、NHK WOLRD世界17か国、日経MJ(1面全面)、日本農業新聞ほか多数

SNS